十種神宝 中学国語の基礎・基本

現在、はてなブログへ引っ越し中です。 こちらへもおいで下さい。https://tokusa-no-kanndakara.hatenadiary.jp/

タグ:授業

 「こんなこと、注意していいのかな?」
 「生徒はどう思うだろう」
 「下手な注意をすると、後からクレームが来ても困るな……」

 そんな気持ちで、注意することを躊躇することはありませんか。
m89363814334_2

 以下は,ディズニー社が選ぶ「全米最優秀教師賞」(2000)に選ばれたロン・クラーク『みんなのためのルールブック(草恩社 2004.11.15)の抜粋です。
  •  1 大人の質問には礼儀正しく答えよう。
  •  2 相手の目を見て話そう。
  •  3 だれかがすばらしいことをしたら拍手をしよう。
  •  4 人の意見は考え方を尊重しよう。(何があっても,人の意見を笑ったりからかったりしてはいけない。)
  •  5 勝っても自慢しない。負けても怒ったりしない。(大事なのはベストを尽くして楽しむこと。)
  • 11 人の成績を言いふらさない
  • 12 授業中は,人が読んでいるところを目で追う
  • 13 質問には完全な文章で答えよう。
  • 14 宿題(課題)は必ず提出しよう。(期限通りに課題をこなすことを覚える。)
  • 15 授業の準備はすばやくしよう。
  • 16 宿題(課題)に文句を言わない。(やらなければいけないもの。)
  • 19 代わりの先生が来たときも礼儀正しくしよう。(自分のため。)
  • 20 授業中は許可なく席を立たない。
  • 21 先生にあいさつしよう。(名前を覚える。)
  • 22 お客様を歓迎しよう。(転校生も同じ。)(…ついでに参観者も同じだと思う…筆者注)
  • 24 しかられている人のほうを見ない
  • 25 宿題がよくわからないときは質問しよう。
  • 30 だれかが何か落としたら,拾ってあげよう。(落とした人が近くてもかがんで拾おうとするのが礼儀。)
  • 39 全員で廊下を歩くときには,おしゃべりをしない。(きびきびとした態度で規律正しく行動するのは気持ちもよい。)
  • 43 もしいじめられたら先生に知らせよう
  • 47 まちがいを受け入れよう。(間違いから学ぶ。)
  • 48 いつも正直でいよう。(尊敬され,信頼される人になろう。)
  • 49 現在を楽しもう。(かけがえのない一瞬,一日。)
                  (番号はテキストのものです。全50項目中,授業中に応用できそうなもののみ抜粋しました。)

 会津藩の日新館には「什の掟」というものがありました。
 その最後は「ならぬものはならぬものです」という言葉で締めくくられています。
slide42
 昨今、「なぜ?」と聞いて,理由が納得できない場合は従わなくて良いというような風潮があります。これは特に悪質なクレーマーによくある傾向だそうです。(そうでなくても,「なぜ?」と聞く人ほど、やりたくない気持ちの表現であることもあるようです…ボソッ。)

 私たちは授業の総監督です。

 毅然とした態度で、授業空間をデザインする者として、
 生徒には「ダメなものはダメ!」としっかり指導したいものですね。

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「あなたがレストランに入る。隣の客に敵意ある視線を投げ付け、さらに、メニューをジロッと見て、ボーイをにらむ。それですべては終わりだ。不機嫌がひとりの顔から他のひとつの顔に移る。すべてがあなたの周囲で衝突する。恐らくコップでも割れることだろう。そして、その晩、ボーイは細君を殴りでもするだろう」

 アランの「幸福論」(1925)にある言葉です。

 あなたの不機嫌な行動や言葉は、あなたひとりに止まらず、次から次へと伝わっていくのです。と同時に他人の不機嫌もまた自分に伝わります。しかし、その反対の上機嫌も同じく他へ伝わるはずです。それならば、不機嫌を他にばらまくより、気分よく人に接した方がいいに決まっています。

 和顔愛語(わげんあいご)とは、「大無量寿経」にある言葉で、おだやかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接することです。この言葉は、さらに先意承問(せんいじょうもん)と続きます。これは相手の気持ちを先に察して、その望みを受け取り、自分が満たしてあげるという意味です。

 とは言っても、日常の生徒との関わりの中でこれを実践するのは難しいことです。気分が悪いときはなかなか笑顔にはなれません。そうでなくても、頭に血がのぼっているときは思わず口がすべります。

 例えば、もしあなたが書類を出し忘れて教頭先生に呼ばれた時、
 教頭先生が「△〇××□!!!(自主規制)」と怒鳴っていれば……怒っていますね。
 「書類は提出しなければダメでしょ!!」……これは叱っている?
 「書類は提出すべきものだけど、もし何かの事情でできないなら、それがわかった時に報告して、謝罪して、次回はこのようなことがないように気をつけますと言うのが最善なのかなぁて経験的に感じてるよ」……諭しているといえますね。

 この三つの違いは、「自分のため」なのか「相手のため」なのかにあります。
business_kaisya_pawahara_man
 「怒る」は100%「自分のため」です。「自分のイライラ、鬱憤」を発散したいだけで、あなたの相手の成長は何も願っていません。
 それに対し「叱る」は「相手のため」ですね。
 しかしここで要注意。最初は「(相手のために)叱っている」つもりが、いつの間にか「(自分のために)怒っている」ことがあります。結果として怒っているるのか叱っているのかわかりません。教頭先生に言われて、あなたが「確かに原因は自分にある……だけどそこまで言うか?」と思ってしまったら、もうそれは「叱っている」ではなく「怒っている」のです。教頭先生がいくら「自分は叱っている」と思っていても、あなたが「怒っている」と思えば、それは「怒っている」のです。いじめの判定と同じですね。

 生徒だって、感じ方は千差万別です。同じ言葉でも「叱られている」と感じたり「怒りの対象になっている」と感じたりします。だから「先意承問」なのですね。

 それに対し「諭す」は完全に100%「相手のため」です。プラス、相手も100%真摯に受け止めてくれるものが「諭す」だと思います。

 これができるためには おそらく相当な勉強と相当な経験からなる相当な人間性が必要なのだろうな~と想像しています。
 (ちなみに、私にはできません……( ̄^ ̄) ドヤッ!)

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今度の教育改革の最大のターゲットは、大学入試です。
Caucasus-AC
 教育を変えるには、
 まず大学と大学入試を変えなくてはいけないと、
 昔から言われてきました。

 例えば、経済学には統計が不可欠なのですが、
 経済学部の学生には数学の知識がほとんどありません。(実話です。)
 経済学部は文系で、文系の受験科目に数学はありません。
 だから経済学部の学生は、数学の勉強をしていないのです。

 このような現状を変えるために、
 「大学入学共通テスト」を導入しようとしています。

 センター入試のような五択問題ではなく、
 多くの教科の見方・考え方を働かせながら、
 比較したり、関連付けたり、因果関係でとらえたりして、考えたことを
 自分の言葉で表現する力を
 「大学入学共通テスト」で測定・評価しようとしています。

 例えば2017年に行われた記述式問題のモデル問題例は、
 自転車駐車場の使用契約書を読ませ、Aさんの具体的な事情についてはどう適用されるのかを考えた上で、その考えを記述する力をみる問題でした。

 つまり、契約書という抽象的なルールと、Aさんの個別・具体的な事例を重ねて結論を出し、文章にする力が問われているのです。

 この問題を解くには、情報の扱い方、論理的な思考力が必要です。

 しかし、これと似たような問題は、昔から東大などで実施されていました。
 つまり「大学入学共通テスト」が東大の二次試験に近づいたということです。

 ですから、大学を目指す高校生たちに、
 「大学入学共通テスト」の、骨太な記述問題や総合・融合問題を解くのに必要な力をつけないといけません。

 大学入試が変われば、
 雪崩式に高校の授業も変わらざるとえないのです。


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ